No.16126
小泉春樹・順子 作
ももんが・ブローチ
\ 5.800
縦 約5cm×横 約3.5cm 厚さ 約1.6cm

木の家から、ちょこんと顔を出している小さなももんが。
うるうるした目が魅力的です。
工房KOKIMOKU*ウッドバーニングアート ももんがブローチ

胸元につけたり、スカーフ止めにしたり、アクセサリーとして。額に入れインテリアとして。
ブローチの色は使っていくうちに、少し薄く落ちついた色合いになってきます。

ももんがはシナの木から、ベースは様々な種類の木でできているので、
一点一点色合いや雰囲気が違います。

ももんがブローチ A
工房KOKIMOKU*ウッドバーニングアート ももんがブローチ 工房KOKIMOKU*ウッドバーニングアート ももんがブローチ
工房KOKIMOKU*ウッドバーニングアート ももんがブローチ
ももんがブローチ B

シナの木をひとつづつ彫刻刀で手彫りし、丁寧にやすりで磨いてから、小型のバーナー・電熱ペン・はんだごて等を使って模様をつけます。仕上げは定着材と艶消しラッカーを3回。

デザインは一緒でも木の木目や堅さが違うので、ひとつとして同じブローチはありません。
工房KOKIMOKU*ウッドバーニングアート ももんがブローチ 工房KOKIMOKU*ウッドバーニングアート ももんがブローチ
額に飾って(イメージ)       留め金部分

くらふと楓杏今週のNEWS!